インターネット光回線 安い

就職や進学などで引越しする場合や、現在の回線に不満があるなどで、新しく回線を契約したいけど、失敗するかもしれないと不安を感じている人は多いと思います。

数ある回線でどれを選んだら良いかも不安がありますよね。

その場合は、主にどのような使い方をするかで回線選びをすればよいでしょう。

今回は、主に下記の利用をする場合で考えてみます。

【インターネットの利用目的】

  • テレワーク(Zoomなどのオンライン会議)
  • 動画視聴
  • オンラインゲーム

を主に使う場合は、回線速度と安定が重要になってきます。

そこで、このページでは、回線選びで失敗しないための4つのポイントを解説し、おススメ回線を紹介します。

 

結論から言うと、通信速度と安定性の両方を満たす、光回線を利用するのが一番お得です!!

中でも、auひかりは、料金が安く・回線速度が速く・安定性している光回線です。

auひかりおススメ代理店

KDDIからも優良代理店として10年以上表彰されているので安心して申し込め、ネットのみの申し込みでも高額キャッシュバック額が業界最短でもらえます。

 

2020年12月3日に報道発表のあった

NTTドコモの新料金プラン「ahamo(アハモ)」は、

ドコモ光セット割の対象外です。

 

光回線が選ばれる3つの理由

 

光回線は他の回線より通信速度が断トツに速い

インターネット回線には、光回線の他にWiMaxや携帯の回線、ソフトバンクエアなどがありますが、光回線はその中でも断トツに速度が速いです。最大10Gbpsの速度の光回線もあるのが魅力。

 

光回線はデータ使い放題

光回線は、携帯電話のようにデータ使用量20GBまでなどのような、制限はありません。
スマホも光回線にWi-Fiでつなげば、通信速度も速く、データ量の制限も受けないのです。

 

光回線は新規申し込みでキャンペーンでお得!

光回線は新規申し込み時に色々なキャンペーンがあります。例えば、光回線が指定するスマホなら、スマホ割が適用されスマホ代が1,000円割引されたりします!

また、光回線を申し込むと50,000円以上のキャッシュバックが貰える光回線もあります。

 

 

乗り換えできる光回線の種類と特徴

乗り換えできる光回線の種類と特徴

インターネットをする回線には、大きくわけると固定回線無線回線に分けることができます。

現在、主流になっている固定回線は、フレッツ光に代表されるような光回線があります。

無線回線には、WiMaxのように外出先でもインターネットできるタイプと、ソフトバンクエアーのように専用機器を宅内に備え付けるタイプがあります。

それぞれの、回線のタイプの特徴をまとめてみました。

回線タイプ 光回線の種類 特徴
固定回線 光回線 ・100Mpbs~10Gbpsの高速通信

・安定した接続

無線回線 屋内外で使える

WiMaxなど

・モバイルWi-Fiルーターで宅内でも外出先でもインターネットができる

・最大440Mbps(実際は20〜30Mbps程度)の通信速度

・固定回線に比べ不安定

・通信データ量によって制限あり

据え置き

ソフトバンクエアなど

・専用機器を宅内に備え付ける

・最大350Mbps(20Mbps以下の口コミあり)の通信速度

・固定回線に比べ不安定

・通信データ量によって制限なし

このことから、安定性と通信速度の通信品質を考えると、光回線の一択なのですが、外出先などで使いたい場合は、WimaxなどのモバイルWi-Fiルータータイプがおススメです。

 

通信速度の目安

インターネットで必要な速度の目安を紹介します。概ね、以下の速度が出れば快適にできます。

すること 目安の通信速度
メール送信、ウェブページ閲覧 1Mbps
SNSへの写真投稿、ビデオ通話

SNSへの動画投稿、YouTube動画

3Mbps~10Mbps
4K動画の再生、オンラインゲーム

Zoomなどウェブ会議

25Mbps~40Mbps

 

光回線への乗り換え一択の理由

光回線は通信速度が速い

光回線の最大の特徴は、その通信速度の速さにあります。

現在の光回線の標準的な速度は1Gpbsで、最高速度は20Gbps(NURO光)という速度です。

しかし、10年くらい前から使っている人は、100Mbpsという速度のまま利用している場合もあります。

そういった人は、安定した速度が出ており、動画視聴も違和感なく視聴でき不満がなかったのではないかと思いますが、そろそろ、最近のコンテンツの大容量化などに伴い、遅く感じるようになります。

100Mbpsの速度だから安心というわけではありません。

この100Mbpsという光回線の速度は、理論上に最大速度を表記しているので、必ず表記速度がでるわけではありません。

実際の通信速度は、表示されている速度の3~6割程度といわれており、1Gbpsという表記があれば概ね300Mbps~600Mbpsの通信速度となるようです。

光回線によっては、多くの人がインターネットを利用する日や時間帯は、回線が混雑し速度が遅くなることがあることも知っておいてください。

 

光回線の通信回線の安定性

光回線の速度は、基地局からの距離に左右されることなく通信できるため、安定した通信ができます。

 

光回線はデータ量の制限がない

無線タイプの回線では3日間で○○ギガ以上のデータ量を使うと、速度が遅くなるという制限があります。

しかし、光回線ではそういった制限がないのが一般的です。

動画視聴や、オンラインゲームなどを制限なしで利用したい場合は、光回線がいいです。

 

以上のように、良い点ばかりではなく、無線タイプに対し、工事が必要となり、時間と費用が発生することは注意しなければなりませんが、工事費は実質無料としている光回線が多いです。

 

光回線の種類

光回線は多くあり、主要な光回線の特徴を紹介します。

 

フレッツ光

フレッツ光

NTTの光回線であり、全国のカバー率は95%と断トツです。

しかし、フレッツ光を利用する場合は、光回線の料金とは別に、プロバイダの契約も必要となりプロバイダ料も別途必要となるため、他の光回線と比べ料金が高くなる傾向にあります。

 

光コラボレーション

光コラボレーション

今までは、光回線の「フレッツ光」をNTT東日本・NTT西日本が提供し販売をしていました。

NTTより光アクセスサービス(フレッツ光)等の提供を受けた事業者様が、自社サービスと光アクセスサービス等を組み合わせて、お客様へサービスをご提供するモデルを、光コラボレーションモデルといいます。

つまり、光コラボは、さまざまな事業者に光回線の卸売りを行うことで「フレッツ光」の回線速度や信頼性をそのまま引き継ぐことができるので、品質はフレッツ光と同じなのです。

光コラボレーションには、ドコモ光・ソフトバンク光・ビッグローブ光など、まだまだ、たくさんがあります

 

auひかり

auひかり

KDDIが提供していてる光回線です。

auひかりは、インターネットを使用するために必要な「光回線」と「プロバイダ」がセットになっているのが特徴です。

しかし、フレッツ光に比べて利用できるエリアが狭いですが、回線が高速で安定していて、高額キャッシュバックがもらえる、auひかり代理店が多くあります。

 

NURO光

NURO光

ソニーネットワークコミュニケーションズが提供している独自光回線です。

大体の光回線の速度が1Gbpsなのですが、NURO光は速度が下り最大2Gbpsの超高速回線ですが、フレッツ光とauひかりと比べると、利用可能エリアが狭いのがデメリットです。

 

標準で2Gbpsなのは、NURO光だけです。利用エリアはauひかりよりされに狭いですが、公式いサイトから申し込むのが一番お得な光回線です。

 

電力会社の光回線

eo光

中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力などの電力会社がインターネットサービスを提供しているのではなく、各電力会社がグループ会社を作って、その会社が提供している光インターネットサービスです。

例えば

関西電力系列の株式会社オプテージの「eo光」などです。

「回線」も「プロバイダ」も両方自社で持っているので、別途プロバイダの契約は必要ありません。

 

エリアカバー率は、

フレッツ光・光コラボレーション > auひかり > NURO光 > 電力会社系光回線

です。

 

そこで、次に光回線への乗り換えに関して説明していきますね。

 

光回線への乗り換えのメリットと注意点

光回線への乗り換えのメリットと注意点

光回線には、NTTの光回線(フレッツ光、ドコモ光、ソフトバンク光など)、KDDIの光回線(auひかり)、NURO光、電力会社の光回線(eo光など)があります。

ここでは、引越しなどで、現在使用しているインターネット回線をから、光回線へ乗り換える場合のメリットと注意点を解説します。

 

光回線乗り換えのメリット

光回線乗り換えのメリット

現在の回線から、光回線への乗り換えする場合には、3つのメリットがあります。

回線乗り換えのメリット

  • キャンペーンの利用でキャッシュバックなど特典が貰える
  • 安定度、通信速度UPなどの品質向上
  • 利用料金が安くなる可能性が高い

 

キャンペーンの利用でキャッシュバックなど特典が貰える

光回線を申し込む窓口は、大きく分けると、公式サイトからの申し込む窓口と、光回線の代理店から申し込む窓口の2つの窓口があります。

光回線の代理店には、高額キャッシュバックや、豪華な特典を貰えるキャンペーンを行っている代理店があります。

そのような、キャンペーンを行っている代理店から申し込むことで、高額なキャッシュバックや特典を貰うことができるのです。

ここで注意が必要です。

光回線の代理店はたくさんあり、各社キャンペーンが異なります。

そのため、代理店ごとにキャンペーン内容(キャッシュバック額や、適用条件)が異なりますので、代理店選びには注意が必要です。

 

安定度、通信速度UPなどの品質向上

光回線は通信速度が速いのですが、すべての光回線の通信速度が速いわけではありません。

現在の大半の標準的な通信速度は1Gbpsですが、光回線の速度は100Mbps~20Gbpsと速度には大きな差があります。

10年くらい前から光回線を使っている人は、100Mbpsが標準的な通信速度ですので、1Gbpsの回線に乗り換えることで、理論的には10倍の速度になるので、大きなメリットになります。

 

利用料金が安くなる可能性が高い

光回線の料金は、会社によって大きくことなるので、回線を乗り換える場合は、回線選びが重要になってきます。

料金は、光回線とプロバイダ料金が別になっている回線より、光回線とプロバイダが一体となっている光回線の方が、月額料金が安くなる傾向にあります。

主要な光回線の比較表をみてみましょう。

一戸建て料金 マンション料金 プロバイダ料金 速度
フレッツ光 5,500円 4,500円 利用料金に含まない

700円~1,200円

1Gbps
ソフトバンク光 5,200円 3,800円 利用料に含む 1Gbps
BIGLOBE光 4,980円 3,980円 利用料に含む 1Gbps
auひかり 5,100円 3,800円 利用料に含む 1Gbps
NURO光 4,743円 2,500円 利用料に含む 2Gbps

 

例えば、戸建ての場合、フレッツ光から、NURO光への乗り換えで1,400円~も安くなるケースもあります。

ただ、NURO光やauひかりは、NTTの光回線ではなく、独自の光回線を使っているため、NTTの光回線を使っている、ソフトバンク光やBIGLOBE光に比べて、利用できる地域が限られていますので、乗り換える場合は利用できる地域かを確認する必要があります。

 

光回線乗り換えの注意点

光回線乗り換えの注意点

現在の回線から、光回線への乗り換えする場合には、注意点が3点あります。

光回線への乗り換え注意点

  • 光回線へ乗り換える前の回線の違約金
  • 光回線へ乗り換える前の回線の工事費の残債
  • 利用予定住所で申し込みたい光回線が利用可能か確認

 

光回線へ乗り換える前の回線の違約金

多くの光回線は、最低利用期間を定めています。

予め定められている「更新期間」以外に解約した場合に違約金が発生します。

携帯電話の2年縛りなどを想像してもらえればいいかと思います。

決まった期間契約しなかった場合は、違約金という形で請求がきます。

例)【フレッツ光にねん割の場合】

「にねん割」は、フレッツ光の契約月から2年間利用継続を前提として、月額利用料金が割引されるサービスです。

この「にねん割」を『契約更新月』や『契約満了月』以外などの、2年間の契約期間の途中で解約すると、解約違約金が発生します。

ファミリータイプ マンションタイプ
更新月以外の場合 9,500円(税抜き) 1,500円(税抜き)

 

 

光回線へ乗り換える前の回線の工事費の残債

多くの光回線の工事費は、分割でした場合、月額に上乗せされ請求されており、工事費を分割で支払っているという感覚を持っている人は少ないと思います。

工事費を分割で支払っている場合、解約した時に、残債が残っている場合は、解約時に残っている工事費に残債を請求されることになります。

通常、2年間にお分割で支払うことが多いようです。

 

利用予定住所で申し込みたい光回線が利用可能か確認

いざ申し込む時には、光回線の事業者ごとに提供エリアが異なりますので、必ず回線がお住いの地域で使えるのか調べる必要があります。

以下に、全国提供エリアの検索先を紹介しますね。

【主要回線の全国提供エリアカバー率

  • フレッツ光の全国提供エリアカバー率95%

→フレッツ光、ソフトバンク光など(NTTの光回線)の

東日本エリア検索

西日本エリア検索

  • auひかりの全国提供エリアカバー率70%

→auひかりは独自回線のエリア検索

  • NURO光の全国提供エリアカバー率30%

→NURO光は独自回線のエリア検索

  • 電力会社の光回線は、各電力会社の管轄エリア

中部電力グループコミュファ光エリア検索

主な提供地域:愛知・岐阜・三重・静岡・長野

関西電力グループeo光エリア検索

主な提供地域:大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山・福井

中国電力グループメガ・エッグエリア検索

主な提供地域:鳥取・島根・岡山・広島・山口

四国電力グループピカラ光エリア検索

主な提供地域:徳島・香川・愛媛・高知

九州電力グループBBIQエリア検索

主な提供地域:福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島

 

 

光回線へ乗り換えに失敗しない回線選びの4つのポイント

光回線を選ぶ際は、以下の4つポイントに気を付けると失敗する可能性が低くなります。

【回線選びの4つのポイント】

  • 回線速度が速く安定している
  • 月額料金が安い(工事費用が実質無料、スマホ割がある)
  • 新規申し込み特典が充実している
  • 乗り換えにかかる費用

 

回線速度が速く安定している

Zoomなどのオンライン会議や動画視聴、オンラインゲームをするには、光回線であれば問題ないのですが、全ての光回線が安定した速度が出るわけではありません。

地域や時間帯などで速度が著しく遅くなる回線もあるのです。

NTTの光回線はユーザーが多いため、時間帯によっては混雑し、通信速度が遅くなりやすい傾向にあります。(フレッツ光、ドコモ光、ソフトバンク光など)

一方、auひかりやNURO光は、NTTの光回線は使わず独自の光回線を使っており、NTTの光回線のように混雑することがないため、速度の低下が起こりにくく速度が安定するので、おススメです。

Youtubeの4K画質で、25-40Mbps、AmazonプライムビデオのUHD(超高画質)で15Mbps程度の速度が推奨速度と言われているので、それくらいの速度が安定して出る回線が理想です。

 

月額料金が安い(工事費用が実質無料、スマホ割がある)

同じ光回線でも、光回線とプロバイダの料金が別々になっている光回線と、光回線にプロバイダの料金が含まれている光回線があります。

光回線にプロバイダの料金が含まれている光回線の方が、料金がやすい傾向にあります。

フレッツ光は、光回線とプロバイダの料金が別々になっている光回線です。

auひかり、NURO光などが光回線にプロバイダの料金が含まれている光回線です。

また、光回線によっては、お使いのスマホの月額利用料が1,000円割引されるスマホ割がある光回線がありますので、お得になるのです。

 

新規申し込み特典が充実している

光回線には、申し込み窓口によって様々なキャッシュバックキャンペーンや、割引キャンペーンなどを行っています。

同じ光回線を申し込むにしても、窓口でキャッシュバック額が大きく違うことがありますので、申し込み窓口選びは重要になります。

 

乗り換えにかかる費用

現在、何かの回線を利用していて、他の光回線に乗り換える場合、利用期間によっては解約違約金が発生することがあります。

しかし、乗り換え先の回線で、この解約違約金を負担してくれるキャンペーンもあるので、そういうキャンペーンを選ぶとお得に乗り換えることができます。

 

スマホ別おすすめの光回線

現在、使っているスマホによっては、光回線を申し込むだけで、セット割がありスマホ代が安くなる光回線があります。

さらにこの割引は複数のスマホ回線にも適用されるため、家族が同じキャリアを使っていればさらに高額の割引されて、かなりお安くなるのです。

以下にスマホキャリア別におすすめの光回線と、お得な申し込み窓口を紹介します。

キャリア名 おすすめ回線名 おすすめ回線名 おすすめ回線名
申込窓口 申込窓口 申込窓口
光回線 安い 光回線 安い
ドコモ光
光回線 安い 光回線 安い →エリア外なら

光回線 安い

→エリア外なら

光回線 安い

 

eo光 So-net光プラス
→エリア外なら

光回線 安い

→エリア外なら

光回線 安い

auひかり コミュファ光 ビッグローブ光
光回線 安い 光回線 安い →エリア外なら

光回線 安い

NURO光 ソフトバンク光

 

主な格安スマホ

キャリア名 おすすめ回線名
申込窓口
光回線 安い 光回線 安い
ソフトバンク光
光回線 安い 光回線 安い
ビッグローブ光
光回線 安い 光回線 安い
ビッグローブ光
光回線 安い 光回線 安い
OCN光

 

おすすめの光回線ランキング

今まで説明での回線選びのポイントを考慮し、おススメ回線を選びました。

 

ランキング1位:NURO光

とにかく速い光回線です。ソフトバンクのスマホユーザーであれば、ソフトバンクのセット割である「おうち割光セット」が使え、1000円/台の割り引きがあり、おすすめです。

NURO光 NURO光のエリア検索
プラン 通信速度(下り/上り) 価格 提供地域
2G 2Gbps/1Gbps 4,743円(戸建て)/2,500円(マンション) 北海道、茨城県、群馬県、千葉県、埼玉県、東京都、神奈川県、栃木県、愛知県、静岡県、岐阜、県、三重県、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、福岡県、佐賀県の一部
20Gs 20Gbps/20Gbps 7,743円 東京都豊島区、港区(一部地域除く)
10Gs 10Gbps/10Gbps 5,743円 北海道、関東(東京、神奈川、埼玉、千葉)、東海(愛知、静岡)、関西(大阪、兵庫、奈良)、九州(福岡)の一部エリア
6Gs 6Gbps/6Gbps 5,243円 北海道、関東(東京、神奈川、埼玉、千葉)、東海(愛知、静岡)、関西(大阪、兵庫、奈良)、九州(福岡)の一部エリア
NURO光はフレッツ光などの光回線に比べ、提供エリアが狭いのがデメリットです。NURO光の中でも、2Gbpsのプランが、提供地域が一番広く、料金も安いです。何よりも、キャンペーンも一番多いのが2Gbpsのプランですので、おススメは、2Gbpsのプランです。

【回線の特徴】

  • 標準で通信速度が2Gbpsと速い
  • 工事費も公式キャンペーンで実質無料
  • 提供エリアが狭い
  • 最高通信速度が20Gbpsがスタート(地域限定)

 

おススメ申し込み窓口

申し込み窓口 キャンペーン 条件
NURO光 公式サイト 45,000円キャッシュバック 2Gbpsのネット回線のみ(オプション追加なし)
フルマークス←キャンペーン終了 58,000円キャッシュバック←キャンペーン終了 2Gbpsのネット回線+ひかり電話
NURO光は公式サイトで、ネット回線のみを申し込むと45.000円のキャッシュバックが貰え、NURO光の代理店では、ネット回線+ひかり電話の申し込みで58,000円のキャッシュバックが貰えるキャンペーンがあります。

 

ランキング2位:auひかり

フレッツ光に比べ、全国カバー率は低いですが、高額キャッシュバックが貰える代理店が多くあり、さらにauのスマホユーザーであれば、auのセット割である「auスマートバリュー」が使え1000円/台の割り引きがり、おススメです。

auひかり auひかりのエリア検索
プラン 通信速度(下り/上り) 価格 提供地域
1G 1Gbps/1Gbps 5,100円(戸建て)/3,800円(マンション) 提供外エリア(関西エリア 滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、福井県 中部エリア・その他 岐阜県、愛知県、静岡県 三重県、沖縄県)
auひかりホームV5ギガ 5Gbps/5Gbps 5,100円 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一部
auひかりホームX10ギガ 10Gbps/10Gbps 5,840円 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一部
auひかりはフレッツ光などの光回線に比べ、提供エリアが狭いのすが、関西と中部エリアが提供地域外なのがデメリットです。1Gbpsのプランが、提供地域が一番広く、料金も安いです。しかし、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の一部で提供地域内なら、1Gbpsと料金も同じauひかりホームV5ギガがおススメです。

【回線の特徴】

  • キャッシュバックやキャンペーン特典が多い
  • 工事費も公式キャンペーンで実質無料
  • 提供エリアが狭い
  • 回線の速度や通信の安定感

 

おススメ申し込み窓口

申し込み窓口 キャンペーン 条件
NNコミュニケーションズ 45,000円キャッシュバック 1Gbpsのネット回線のみ(オプション追加なし)
NEXT 52,000円キャッシュバック 1Gbpsのネット回線+ひかり電話
auひかり代理店で、ネット回線のみを申し込むと45.000円のキャッシュバックが貰え、auひかり代理店では、ネット回線+ひかり電話の申し込みで52,000円のキャッシュバックが貰えるキャンペーンがあります。

 

auひかりが提供されていない、下記のエリアの場合は、電力会社系の光回線がおススメです。

しかも、auのスマホユーザーであれば、auのセット割である「auスマートバリュー」が使え1000円/台の割り引きになります。

関西エリア
滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、福井県
中部エリア・その他
岐阜県、愛知県、静岡県 三重県、沖縄県

 

●関西エリア
滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、福井県の場合

eo光 eo光のエリア検索
プラン 通信速度(下り/上り) 価格 提供地域
1G 1Gbps/1Gbps 1年目2,953円、2年目以降4,953円(戸建て)/1~2年目3,024円、3年目以降3,524円(マンション) 提供エリア(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山・福井)
5ギガコース ホームタイプのみ 5Gbps/5Gbps 1年目2,953円、2年目以降5,419円(戸建て) 提供エリア(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山・福井)
10ギガコース ホームタイプのみ 10Gbps/10Gbps 1年目3,741円、2年目以降5,973円(戸建て) 提供エリア(大阪・京都・兵庫・奈良・滋賀・和歌山・福井)
eo光はフレッツ光などの光回線に比べ、提供エリアが狭いのは、電力会社系で関西エリア限定のため、提供地域が限定されているのがデメリットです。1Gbps、5Gbpsのプランで1年目は、2,953円と料金は安いのではじめ安いですが、2年目以降は値段は本来の価格に戻るので注意が必要です。

【回線の特徴】

  • 他社光回線の違約金をキャッシュバック
  • 工事費も公式キャンペーンで実質無料
  • 提供エリアが狭い
  • 回線の速度や通信の安定感

おススメ申し込み窓口

申し込み窓口 キャンペーン 条件
デジタルサポート 最大60,000円キャッシュバック 1Gbpsのネット回線のみ(オプション追加なし)
eo光代理店で、ネット回線を申し込むと最大で60.000円のキャッシュバックが貰えるキャンペーンです。他社解約違約金が発生する場合に、その解約違約金を還元する56,000円を含みます。

 

●中部エリア・その他
岐阜県、愛知県、静岡県 三重県の場合

コミュファ光135 コミュファのエリア検索
プラン 通信速度(下り/上り) 価格 提供地域
1G 1Gbps/1Gbps 5,550円(戸建て)/5,550円(マンション) 提供外エリア(愛知・岐阜・三重・静岡・長野)
5GホームEX/5GマンションF EX 5Gbps/5Gbps 6,000円(戸建て)/6,000円(マンション) 提供外エリア(愛知・岐阜・三重・静岡)
10Gホーム EX/10GマンションF EX 10Gbps/10Gbps 6,350円(戸建て)/6,350円(マンション) 提供外エリア(愛知・岐阜・三重・静岡)
コミュファ光はフレッツ光などの光回線に比べ、提供エリアが狭いのは、電力会社系で中部エリア限定のため、提供地域が限定されているのがデメリットです。1Gbpsのプランが、提供地域が一番広く、料金はフレッツ光に比べ安いです。

【回線の特徴】

  • 他社光回線の違約金をキャッシュバック
  • 工事費も公式キャンペーンで実質無料
  • 提供エリアが狭い
  • 回線の速度や通信の安定感

おススメは申し込み窓口

申し込み窓口 キャンペーン 条件
NEXT 最大86,000円キャッシュバック 1Gbpsのネット回線のみ(オプション追加なし)
コミュファ光代理店で、ネット回線を申し込むと最大で86.000円のキャッシュバックが貰えるキャンペーンです。他社解約違約金が発生する場合に、その解約違約金を還元する56,000円を含みます。

 

ランキング3位:ビッグローブ光

光コラボレーションの一つですが、auのスマホユーザーであれば、auのセット割である「auスマートバリュー」が使え1000円/台の割り引きになります。

auひかりのエリア外であれば、おすすめです。

BIGLOBE光 BIGLOBE光のエリア検索
プラン 通信速度(下り/上り) 価格 提供地域
1G 1Gbps/1Gbps 5,180円 全国
BIGLOBE光はフレッツ光と同じ光回線のため、提供エリアが広いのがメリットです。料金も、1Gbpsのプランが、提供地域が一番広く、料金も安いです

【回線の特徴】

  • キャッシュバックが多い
  • 通信方式IPv6オプションを利用できる
  • 提供エリアが広い

 

おススメは申し込み窓口

申し込み窓口 キャンペーン 条件
NNコミュニケーションズ 26,000円キャッシュバック 1Gbpsのネット回線のみ(オプション追加なし)
優良代理店で有名なので安心できる代理店です。 ネット回線のみの申し込みでも特典対象で、特典手続きの必要がなく、翌月末にはご入金されるので安心!

 

ランキング4位:ドコモ光

光コラボレーションの一つですが、ドコモのスマホユーザーであれば、ドコモのセット割である「ドコモ光セット割」が使え1000円/台の割り引きになります。

ドコモ光 ドコモ光の 東日本エリア検索
西日本エリア検索
プラン 通信速度(下り/上り) 価格 提供地域
1G 1Gbps/1Gbps 5,200円 全国
ドコモ光はフレッツ光と同じ光回線のため、提供エリアが広いのがメリットです。料金も、1Gbpsのプランが、提供地域が一番広く、料金も安いです

【回線の特徴】

  • キャッシュバックが多い
  • 通信方式IPv6オプションを利用できる
  • 提供エリアが広い

 

おススメは申し込み窓口

申し込み窓口 キャンペーン 条件
ネットナビ 15,000円キャッシュバック 1Gbpsのネット回線のみ(オプション追加なし)
 ネット回線のみの申し込みでも特典対象です。オプション付けると最大20,000円キャッシュバックがあります。さらにdポイント2,000ptがもらえ、ドコモスマホとのセットで1回で1,000円割引されます。

 

光代理店のキャッシュバックキャンペーンのお得な経路

光回線を申し込む経路として、光代理店からの申し込み経路があります。

光回線の公式サイト経路(NTT、KDDIなど)と何が違うかというと、公式サイトとは別の代理店独自のキャンペーンを行っていることです。

光代理店独自のキャンペーンを行っているので、公式サイトに比べて、キャッシュバックが多かったりします。

しかし、代理店によっては、キャッシュバックの受け取り条件が、複雑だったり、オプションの多く付けなければならないなど、分かりづらいのが難点なんです。

光代理店経路で申し込む場合の、注意点は

  1. 最大○○○○○円キャッシュバックなどに惑わされない
  2. 余計なオプションをつけない
  3. どの代理店がお得なのか比べる必要がある

です。

代理店で申し込んだ場合、オプションを勧めてきますが、必要のないオプションをつけないようにしましょう。

余計なオプションをつけると、月額利用料が高くなりますしね。

 

インターネット光回線の乗り換え手順

光回線の乗り換え手順は、大きく分けると以下の4ステップです。

  1. 乗り換える光回線を決める
  2. 現在使用中のスマホでセット割があるか確認
  3. 乗り換え前の回線の解約条件を確認
  4. お得な申込み窓口から申し込む
  5. 乗り換え前の回線を解約する

しかし、NTT光回線を使ってる事業者から、NTTの光回線を使っている事業者へ乗り換える場合は、少し注意が必要です。

例)フレッツ光から、ソフトバンク光などの光コラボへ乗り換える場合などです。

それでは、詳しく乗り換えについて説明していきますね。

 

乗り換える光回線を決める

光回線を乗り換えるといっても、何も考えずに乗り換えてしまうと、思わないところで損をしてしまします。

そこで、光回線を乗り換える場合の、乗り換え先を決めるチェックポイントを紹介します。

回線乗り換えのチェックポイント

  • 回線速度が速く安定しているかをチェック
  • 月額料金が安いかをチェック
  • エリア内かをチェック

回線速度は、公式サイトでの理論値と実際の速度は異なります。しかし、実際の速度は、地域により速度が異なることがありますので、実際に利用しないと分からないのが現状です。

しかし、安定度に関しては、光回線の共有している回線かどうかで判断できる場合があります。

光回線の共有している回線は、多くの人が同じ回線を使用しているため、回線が混雑してがちになり、速度が下がってしまう事が多いのです。

NURO光、auひかりは、独自回線しており、まだまだ回線には余裕があるため、混雑することが少ないため、快適に利用できるのです。

 

現在使用中のスマホでセット割があるか確認

光回線には、スマホとセットにするだけで、セット割が適用され、スマホ1台につき1,000円割引してくれる光回線があります。

それを利用すれば、さらに安く光回線と、スマホが安くなるのでチェックは忘れないようにしましょう。

4人家族で4回線ある場合1年間で

1,000円×4台×12ヵ月=48000円もお得になるのです。

 

乗り換え前の回線の解約条件を確認

乗り換える前に必ず確認していただきたいのが、現在契約している回線の解約時にかかる条件と費用です。

まずは、解約違約金です。

回線によっては、2年や3年ごとの契約更新で、契約更新月が24ヶ月毎、36ヶ月毎の2ヶ月間以外は、違約金が発生したりするような回線もあるのです。

また、フレッツ光は、光回線の解約とは別にプロバイダの解約も必要になりますので、注意が必要です。(NURO光、auひかり、光コラボなどは回線のみの解約で大丈夫です)

次に、工事費の残債です。

ほとんどの光回線は、工事費を分割して支払います。しかし、支払額から開通工事費分の費用が割り引かれることで、実質無料となっていることが多いのです。

しかし、この分割払い期間内に途中解約をすると、開通工事費の残債を一括払いする必要があります。(実質的な縛りのようなものですね)

まとめると、

解約時に発生する費用は

解約時に発生する費用

  1. 解約違約金
  2. 開通工事費の残債
  3. 撤去工事費(かからない場合あり)

この費用を極力抑える方法は

工事費を実質無料にする方法

  1. 解約違約金→「更新期間に解約する」
  2. 開通工事費の残債→キャッシュバックキャンペーンを行っている別の光回線に乗り換える例えば、NURO光auひかり代理店NNコミュニケーションズで新規申し込みプロバイダをBIGLOBEにする

 

お得な申込み窓口から申し込む

光回線は、申し込み窓口によって行っているキャンペーンが異なります。

公式サイトや、代理店のキャンペーンが時期により変わりますので、申し込みする場合はチェックが必要です。

 

乗り換え前の回線を解約する

新しい回線の、申し込みから開通までの大まかな期間から逆算して、現在契約している回線を解約することが大切です。

乗り換え先の回線によっていは、開通までの間格安でポケットWi-Fiなどを貸し出している光回線もあります。

 

 

© 2021 【光回線とスマホセットで安い】回線乗り換えで失敗しない4つのポイント!