ポスターのデザイン制作の流れ

Art Center – ポスターを制作したい
Home » ポスター制作 » ポスターのデザイン制作の流れ
ポスター制作 | 09月03日更新

ポスターのデザイン制作の流れ

ポスターのデザイン制作を依頼したとしてどのような流れで作られるのでしょうか?
依頼人の指示通りに仕上げだけをしてほしい、一からすべて作ってほしいなどいろいろな依頼内容がありますが、まずは簡単な依頼内容の確認と見積もりの提示などになります。
そちらで正式に依頼をするかどうかを決め、正式に依頼をしたらより詳細に依頼内容を確認していきます。

このときの打ち合わせでポスターのデザインの制作方針が決まりますから、具体的にどのように制作をしてほしいのかここで伝えるのです。
この段階では制作の方針や内容についてまだいくらでも修正はできますから、なにか不安なことやわからないこと、特別な要望などある場合は遠慮なく伝えてください。
ここで制作の方針が決まったら業者などの方でデザインの制作が始まります。

このときに自分たちで原案を作っていたり、使いたい素材だけあったりする場合はそれらを提出します。
これら参考資料や素材があればそれを使って業者がデザインを制作してくれるのです。
最初の依頼のときに業者に一からデザインを作ってもらうように依頼している場合、これら原案や素材といったものは特になくてもOKです。
必要な素材やコピーなども含めて業者が作ってくれます。

そして一度業者の方でポスターのデザインを完成させたら依頼人のチェックとなります。
これで何か問題がないか、修正すべきところはないかを確認するのです。
もしそれがある場合は業者に修正の依頼を出してください。
それを修正して再度確認となり、問題がなければ完成として正式に納品となります。

業者にデザイン制作の依頼をするとこのような流れで完成となるのですが、実際の流れは業者やサービスによっても変わります。
特に確認しておきたいポイントは依頼人の方で素材などの準備が必要かどうかです。
デザインを一から業者にすべて作ってもらう場合はこれが不要なのですが、必ず何らかの素材や原案などを必要とする業者もないわけではありません。
その場合はサービスの案内や依頼の流れといった部分でよく説明されていますから、しっかり確認しておきましょう。

次にデザインがある程度完成したら依頼人の方で確認をし、修正を出せることもあるのですが、これに回数の制限がある場合は多いです。
たとえば修正対応ができるのは2〜3回までといった形です。
何度でもやり直せるとは限りませんから、ここもよく確認しておきましょう。
このように確認しておきたいポイントもあるのですが、基本的には先にご紹介したような流れでポスターのデザイン制作が進められます。